• よくあるご質問
  • お問い合わせ
自治体での設置可否に関して
  1. ホーム
  2. アフターサービス
  3. メンテナンス方法

アフターサービス アフターサービス

メンテナンス方法

粉砕機内部・排水管他の清掃

※お手入れの際は、必ず電源プラグをコンセントから抜いて下さい。また、濡れた手で電源プラグを抜かないで下さい。(感電やケガをする事があります。)
粉砕機のローターに刃物は付いていませんが、突起やハンマーのエッジ部分でケガをする場合があります。停止している粉砕機内部に手を入れる場合は、十分にご注意下さい。

【スプラッシュガード・蓋の清掃 CSD-101】

(1) 粉砕機の内側にスプラッシュガードがセットされておりますので外していただき、食器洗い用洗剤で水洗いする事ができます。

(2) 蓋の清掃についても、食器洗い用洗剤で水洗いして下さい。


※粉砕機の投入口にセットされているスプラッシュガードや蓋には、小さく粉砕された生ごみが付着することがあります。

【蓋の清掃 CSD-101S】

蓋の清掃については、食器洗い用洗剤で水洗いして下さい。

【粉砕機内部の清掃】

粉砕機内部に氷を5・6ケ程投入し、粉砕をして下さい(水は流さないで下さい)。粉砕する事により、氷が粉砕機内部の周囲に当たり汚れを落とす事ができます。その後、水を流して下さい。

氷を入れても汚れが気になるようでしたら、やわらかいブラシを使用し清掃をして下さい。

【排水管の清掃】

一般家庭用洗浄剤(ホームセンター等で販売)・排水管洗浄剤・漂白剤は、使用しないで下さい。
※洗浄剤・漂白剤を使用しますと、粉砕機の腐食(錆)の原因となります。
清掃する場合は、中性洗剤を使用して下さい。

ごみを捨てる時にご確認下さい

タンクの底面とヒーターパネルは汚れていない?フィルターは汚れていない?
ちょっとのお手入れで機械が長持ちするよ!

【タンク底面とヒーターパネルのお手入れ方法】

ヒーターパネルの上にごみが落ちている場合は取り除いて下さい。
タンク底面・ヒーターパネル共に、やわらかい布を水で濡らし、きつく絞ったもので拭いて下さい。汚れがひどい場合は、中性洗剤を少量付けた布で拭いてください。
中性洗剤を使用した場合は、乾いた布で洗剤が残らないようによく拭いて下さい。

ベンジン、シンナー、アルコール等で拭かないで下さい。
感電・引火の原因になります。

【フィルターの清掃について】

フィルターの汚れや目詰まりには水洗い又はやわらかいブラシやハケで清掃して下さい。
水洗いをした場合は、十分に乾燥させてからタンクに付け直して下さい。

【ごみ排出口のごみを取り除かないでください!】

タンクを抜きますと、ごみ排出口が見えます。
ごみ排出口を見ると、ごみが溜まり詰まっているように見えますが、ここは常にごみが溜まっているのが正常です。
新しいごみを投入する都度、溜まっていたごみが押し出される仕組みになっています。

ここのごみを取り除いてしまうと、処理機本体からタンクへ水が逆流する恐れがありますので、取り除かないでください。

お問い合わせ先

フリーダイヤル 0120-315-530 FAX 0263-62-5632 株式会社ちくま精機
受付時間 9:00~17:00(土曜日・日曜日・祝日を除く)
〒399-7102 長野県安曇野市明科中川手3306